Loading...

内径引き・面取り用超硬ソリッドバー(47度)

»»内径引き・面取り用超硬ソリッドバー(47度)
内径引き・面取り用超硬ソリッドバー(47度) 2018-09-03T11:00:53+08:00

内径引き・面取り用超硬ソリッドバー(47度)

ラインナップ:
超硬丸棒は日欧米の材料を採用。
Φ0.6~φ8 内径バー

特徴:
後チャンファーに加工可能。
粗加工、精加工用

備考:
海外輸入のコーティング設備を使用

内径・面取り用超硬ソリッドバー(47度) 

内径・面取り用超硬ソリッドバー(47度)

内径・面取り用超硬ソリッドバー(47度)はワークの表面や内径以外、後挽きのチャンファー加工も可能。
この内径・面取り用超硬ソリッドバーでの内径の旋盤加工や内径チャンファーの旋盤加工は主な加工工程。

切刃角は47°と50°があり、お客様よりの加工条件や切削条件で最適な切刃角を提案し、旋削加工の干渉を避ける。

宝済の内径・面取り用超硬ソリッドバー(47度)の使い方

宝済の内径・面取り用超硬ソリッドバー(47度)は主な小径の内穴で使用されている。標準品とカスタマイズの特殊品がある。φ3~φ6、φ8のシャンク径を提供している。特殊仕様にも対応する。

宝済の強みとして、標準品の豊富なバリエーションがある。全ての内径工具のシャンクは宝済独自の締付け設計を付く。シャンク径φ3/φ4/φ5/φ6/φ8に相応な独自の締付け設計のホルダーを提供するため、締付けのミスを避ける。

標準化された工具は新人でも簡単に取付けを実現する。各工具の使用寿命や磨耗状況をテストして、次までの工具切替の需要時間を計算して、作業員が計算された時間帯に切替作業を行うのは稼働率アップの推奨方法の一つ。

標準品の内径引き・面取り用超硬ソリッドバー(47度)以外、F / FC / L1 / L2 / W / H/φ/コーナーR/先端角を含め、特殊仕様に対応できる。

特選映像

宝済VS市販

技術の卓越、品質のこだわり

宝済工業は30年の加工経験を持っている。我々は生産性向上のため、多様な商品を開発続けておる。宝済工業はCNCマシンのパテント、工具のパテント、シャンクホルダーのパテント、切断機のパテントなど様々なパテントを持っている。宝済工業は新商品の研究開発を続けて、あらゆる分野の製造業者の生産性向上に貢献することは使命として取り組んでいる。

技術の卓越、品質のこだわり

宝済工業は30年の加工経験を持っている。我々は生産性向上のため、多様な商品を開発続けておる。宝済工業はCNCマシンのパテント、工具のパテント、シャンクホルダーのパテント、切断機のパテントなど様々なパテントを持っている。宝済工業は新商品の研究開発を続けて、あらゆる分野の製造業者の生産性向上に貢献することは使命として取り組んでいる。