Loading...

内径・面取り用超硬ソリッドバー(0度)

»»内径・面取り用超硬ソリッドバー(0度)
内径・面取り用超硬ソリッドバー(0度) 2018-09-03T10:59:34+00:00

内径・面取り用超硬ソリッドバー(0度)

ラインナップ:
超硬丸棒は日欧米の材料を採用。
Φ0.6~φ8 内径バー

特徴:
止り穴用
粗加工、精加工用

備考:
海外輸入のコーティング設備を使用

内径・面取り用超硬ソリッドバー(0度)

内径・面取り用超硬ソリッドバー(0度)

内径・面取り用超硬ソリッドバーはCNC加工でよく使われている切削工具。ワーク図面、被削材質、加工ルートによる最適な内径ソリッドバーを提供する。
ほとんどな内径旋削加工ではワーク形状、サイズはそれぞれあるため、内径ソリッドバーを使用される。内径・面取り用超硬ソリッドバーはたくさんの刃先角度があり、例えば0度や10度。お客様のニーズに基づいて、最適な内径・面取り用超硬ソリッドバーを提案する。

通常の内径・面取り用超硬ソリッドバーは用途で粗加工と仕上げ加工に分けている。まず粗加工用の内径・面取り用超硬ソリッドバーで下穴を加工してから、仕上げ用の超硬ソリッドバーで後加工する。旋削加工の仕上げ工程はワークの内径の面粗さ精度を向上する工程で、お客様のニーズを応えるようになっている。

お客様の使用設備や被削材や切削油などにより、最適な超硬棒材とコーティング種類を選定する。

CNC超硬ソリッドバーは旋盤加工でよく使用されている。お客様は工具に対しての寿命、品質、取付けの重複性を非常に重視する。びびりの抑制、切り屑の排出、チッピング発生などは我々に対しても大切な課題。

宝済の内径・面取り用超硬ソリッドバー(0度)の使い方

宝済の内径・面取り用超硬ソリッドバー(0度)は特殊品と標準品、二種類ある。当社が提供しているバーのシャンク径はφ3/φ4/φ5/φ6/φ8など。特殊品と標準品は全てφ10以内の穴径に適用できる。

この超硬ソリッドバーは標準品以外、カスタマイズの特殊品にも対応する。例えば刃先Rの大きさ、刃幅のサイズ、突出し長さ、溝形状、先端角度などのカスタマイズができる。

標準品の内径・面取り用超硬ソリッドバー(0度)以外、F / FC / L1 / L2/φ/コーナーR/先端角を含め、特殊仕様に対応できる。

特選映像

宝済VS市販

技術の卓越、品質のこだわり

宝済工業は30年の加工経験を持っている。我々は生産性向上のため、多様な商品を開発続けておる。宝済工業はCNCマシンのパテント、工具のパテント、シャンクホルダーのパテント、切断機のパテントなど様々なパテントを持っている。宝済工業は新商品の研究開発を続けて、あらゆる分野の製造業者の生産性向上に貢献することは使命として取り組んでいる。

技術の卓越、品質のこだわり

宝済工業は30年の加工経験を持っている。我々は生産性向上のため、多様な商品を開発続けておる。宝済工業はCNCマシンのパテント、工具のパテント、シャンクホルダーのパテント、切断機のパテントなど様々なパテントを持っている。宝済工業は新商品の研究開発を続けて、あらゆる分野の製造業者の生産性向上に貢献することは使命として取り組んでいる。